SAYA TANAKA Calligrapher

パフォーマンス Porformance

2014年12月9日(火) ~12月20日(土) 実験 ことばを展開させてみる @ 東京都美術館 ギャラリーB(上野)

書道家五人と映像作家2人とコラボ展示に参加します。詳細はこちら

日時 2014年12月9日(火) ~12月20日(土)
※休室日 12月15日(月)
12月9~11日、15~19日: 9:30~17:30 (入室は閉室の30分前まで) 
12月12、13、14日: 9:30~20:00
12月20日: 9:30~13:30
場所 東京都美術館 ギャラリーB
http://www.tobikan.jp/index.html 東京都台東区上野公園8-36
JR上野駅「公園口」より徒歩7分
料金 入場無料
展覧会紹介 筆をとり、線を引き文字をかたどり、ことばをつむぐ。手を、体を動かして、その軌跡を作品とするならば、書の鑑賞すなわち「読む」ことを体感してもらい感動を共有できないか。書においてもパラダイムシフトがあっていい。例えば一場面の画からストーリー展開をもつまでになった「漫画」のように。
体を動かして観る書、映像を使い目の前が車窓の風景のようにうつろいゆく書、はたまた…。日本語の書のこれからを標榜し、書によることばの展開をあらゆる手法で実験します。

[出品作家]
金子高遠、小林智紀*、志真健太郎、田中象雨、原田万美、
三浦爽朝、山田久人
*印は代表者。
[グループプロフィール]
書作家と映像作家によるグループ。日本語の書の、ことばの展開を、さまざまな視点から捉え実験すべく、書作家たちの普段の活動は日本語の書に限らずさまざま。「読む」を体感する、を基軸に作品を制作し、映像作家も交えることでアナログでは出来ない表現からのアプローチも試みます。